脂漏性角化症の原因と治療!炭酸ガスレーザーと液体質素の効果

脂漏性角化症,原因,治療

【脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)】・・・なんだかむずかしい呼び方ですが、実はこれいわゆる老人性のいぼの正式名称です。
老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)とも呼ばれていて、皮膚の良性腫瘍。

 

お肌の老化現象の中のひとつで、80歳以上のおじいちゃん・おばあちゃんになると、ほぼ全員といっていいくらいの人にできてしまいます。
びっくりすることに早い方だと20代から出来てしまう場合も・・・

 

ここではその原因と対策、また出来てしまった場合の治療法などをお伝えしていきます。

脂漏性角化症の原因と症状

脂漏性角化症の大きな原因は、ズバリ【紫外線】です。

 

お肌は紫外線を浴びると、真皮まで紫外線が届くのをブロックするために、皮膚の一番表にある表皮でメラニン色素を作ります。

 

このメラニンは、ターンオーバーが正常だと皮膚の表面にだんだん押し上げられいき、垢として剥がれ落ちていくのですが、年齢を重ねていくと、ターンオーバーのサイクルがどんどん遅くなる事と、そこに長い年月紫外線を浴び続けた結果、身体から出し切れないメラニンが少しずつ蓄積されてそれが「シミ」という形で現れてきます。

 

脂漏性角化症,原因,治療

この紫外線からできるシミは「老人性色素班」と呼ばれていて、数種類あるシミの中で一番ポピュラーなタイプです。

 

脂漏性角化症の原因もこのシミと同じ原理で、老人性色素班の表面がざらざら硬くなってきたり、厚みができて盛り上がってくるなどして脂漏性角化症に変化していくパターンも結構あるのです。

 

それから、長期間紫外線を受けたダメージが原因で起こる光老化も脂漏性角化症の原因になります。光老化で皮膚が厚くごわごわになり色も濃く変化します。これがいわゆるシミになるのですが、角質が分厚くなっていく脂漏性角化症も、光老化の過程で起こる言われています。

 

*脂漏性角化症の症状*
できる場所
顔や頭、デコルテなどの比較的紫外線が当たりやすい場所によく見られますが、わきの下やわき腹、お腹や鼠経部や太もも・陰部などの紫外線の影響があまりない部分にもできます。

 

色や大きさ・見た目
褐色〜黒っぽい色で、大きさは直径数ミリ−2〜3cmくらい。平坦に見える場合もあるけれど、殆どの場合はやや盛り上がっています。

 

痛みや痒み
大体の場合は痛みも痒みもありません。ただし、大きくなっていく時に痒くなることがあります。

 

脂漏性角化症,原因,治療

年齢が上がるとできる割合が増えていき、60代の方は80%、80代ではほぼ100%の方にできてしまいます。特に通常より紫外線を多く浴びてきた方は40代からでき始めてしまうのです。
また、脂漏性角化症は遺伝するとも言われていて、若い方では20代から出来る人もいらっしゃいます。

 

脂漏性角化症の予防法と対処法

 

脂漏性角化症を予防する為には、できるだけ若い時から予防ケアを行なうことがとても大切です。

 

脂漏性角化症,原因,治療紫外線

脂漏性角化症,原因,治療

日焼け止めや日傘や帽子などを活用して、紫外線をできるだけカットしましょう。
紫外線は目からも吸収してしまいます。UV加工のしてあるサングラスも使って、目からの紫外線対策もしましょう。
また最近では飲む日焼け止めも増えてきました。用途に合わせて上手く取り入れていきましょう。

 

脂漏性角化症,原因,治療保湿
お肌のバリア機能を高めるために、イボやシミが出来やすい場所は特に保湿をしっかりしましょう。ホワイトニング効果のある化粧品シリーズや、お肌の新陳代謝を高める成分が含まれる化粧品なども取り入れて、シミを予防していきましょう。

 

脂漏性角化症,原因,治療日常生活

脂漏性角化症,原因,治療

睡眠不足がお肌に良くないのは知られた所ですが、タバコやストレスも要注意です。イライラしたりタバコを吸うと、ビタミンCが消失してしまいます。そのせいでシミができたり増えてしまったり。。。
生活習慣を変えるのが一番手っ取り早いですが、それはナカナカ無理・・・という方は、ビタミンCやEなどを多く摂取できる食事やサプリメントなどを摂取して、身体の中からケアしていきましょう。

 

今すでにもうシミや脂漏性角化症ができてる・・・という方は、いわゆる【出来やすいタイプ】。これ以上増やさない為にもしっかり対策していきましょう。

 

そして今あるシミが脂漏性角化症に変化することを予防したり、皮膚がんを予防するという意味でも、年齢に関わらず紫外線対策はしっかり行いましょう。

 

脂漏性角化症の治療の炭酸ガスレーザー・液体窒素は使用について

脂漏性角化症の治療を皮膚科で受ける場合、症状により
脂漏性角化症,原因,治療液体窒素
脂漏性角化症,原因,治療光治療(フォトフェイシャルなど)
脂漏性角化症,原因,治療炭酸ガスレーザー
脂漏性角化症,原因,治療電気メス
などの治療法があります。

 

*液体窒素*

脂漏性角化症,原因,治療

小さなイボに向いてるとされる治療法です。
綿棒にマイナス200度前後の液体窒素をしみ込ませ、患部に押し当てて急速冷却し細胞を殺してしまいます。
数日経つと施術部分がかさぶたとして剥がれ落ちなくなります。

 

麻酔をしなくても大丈夫な程度ですが、人によっては痛みが多少あります。保険適用が認められているので、大体の場合は費用をそれほどかけず治療することができます。
ただし、1回の治療では完治してない場合も多く、その場合は数回施術を受ける必要があります。

 

 

*光治療(フォトフェイシャル)*

脂漏性角化症,原因,治療

強い光を照射し、光で脂漏性角化症の細胞に損傷を与え治療します。症状によっては効果的な場合もありますが、根治したとみせかけて半年から1年前後に再発することが多く、治療効果としては満足感は低いです。

 

 

*炭酸ガスレーザー*

脂漏性角化症,原因,治療

脂漏性角化症の治療に、一番適しているがこの治療法です。局所麻酔をして患部にレーザー照射すると、約1〜2週間で再生されます。

 

麻酔を使うので痛みは最小限。出血が少なく、傷跡も目立ちにくく、細かい微調整をしながらの治療ができるので顔の治療に一番適しています。
ただし健康保険が適用されないケースが多く、全額自己負担で高額治療になりやすい治療方です。

 

 

*電気メス*

脂漏性角化症,原因,治療

大きなイボは、電気メスで除去する手術になることが多いです。一般的には2週間前後で治ります。
こちらの治療はほぼ保険適用になる事が多いようです。

 

 

このように脂漏性角化症の治療には、液体窒素か炭酸ガスレーザー治療が適しています。

 

ただし脂漏性角化症は、色や形からほくろか老人性のシミかの判別がしにくい上に、場合によっては悪性の腫瘍の場合もあります。まずは信頼できる医療機関で診察を受けてみましょう。

 

脂漏性角化症と悪性腫瘍の関係

脂漏性角化症は良性の腫瘍なので放置しても問題はありません。ただし、悪性腫瘍の中には脂漏性角化症に似たタイプのものがあるので注意が必要です。

 

脂漏性角化症,原因,治療

 

例えば、見た目は脂漏性角化症やほくろなどに似ているけれど、時間が経つと細胞が癌化し直径5mm以上に成長してしまったものが「基底細胞癌」と呼ばれる悪性腫瘍です。中心部分がただれてきて、黒色の発疹が周囲をふち取ってきたらすぐに皮膚科を受診しましょう。

 

他には直径6mm以上の大きさで皮膚との境目が曖昧・形がいびつだと「悪性黒色腫」の可能性が高いです。

 

 

病院で「ダーモスコピー」という治療を受けると、脂漏性角化症か悪性腫瘍かを見分けることはすぐできるので、何か異常を感じたらすぐに病院に行きましょう。

 

脂漏性角化症はうつらない

結論から言うと、脂漏性角化症は他の人に移したり移されたりはしません

 

移るのは「尖圭(せんけい)コンジローマ」や「水いぼ」等のウイルス性のイボです。
脂漏性角化症はウィルスが原因ではないので大丈夫。

 

ただし他の人に移したり他の人から移ったりはしませんが、放置しておくと自分の身体の中で増えて行ったり、大きさが大きくなっていったりするので、そうなる前にキチンと対策をしましょう。