老人性疣贅の原因と薬・治療!老化ででるイボの予防

老人性疣贅,原因,薬,治療

老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)とは、加齢によってできる老人性のいぼの事で良性の腫瘍です。
まれに20代からできる方もいらっしゃいますが、50代になってくると60%以上の人が、80代になってくるとほぼ100%の方ができるとされています

 

顔や頭や全身のどこにでも出来てしまいます。初めは小さく1〜2mm位ですが、放置してしまうと少しずつ大きくなります。
紫外線を浴びやすい顔やデコルテには、たくさんできる事が多いです。

 

色は、お肌と同じくらいの色から黒色まで、色々な色があります。
形も立体的なモノから平らなものまで様々。

 

時間の経過とともに少しずつ大きくなり数も増えてきますが、小さい又は少ないうちに取ってしまえば問題ないので、早めに治療を受けられることをお勧めします

 

老人性疣贅の原因

老人性疣贅の原因は、実はまだはっきりとは解明していないのですが
老人性疣贅,原因,薬,治療 紫外線によるもの
老人性疣贅,原因,薬,治療 摩擦によるもの
老人性疣贅,原因,薬,治療 遺伝的な要素
この3つの理由が原因ではないか?と考えられています。

 

特に一番この要素が強いと考えられているのが1番の「紫外線によるもの」です。

老人性疣贅,原因,薬,治療

年齢を重ねると新陳代謝が落ちお肌のターンオーバーのサイクルも遅くなります。紫外線を浴びると、身体の深層部分に紫外線が届かないようにする為にメラニンを発生させます。

 

ターンオーバーが正常だと、このメラニンをきちんと排出できるのですが、ペースが遅くなるとお肌に残っていきます。
これは老廃物とされるのですが、これが溜まっていくとシミになったり、そこからイボに進化したりするのです。

 

老人性疣贅,原因,薬,治療

 

他には、同じトコロを何度も触ったり、衣服やアクセサリーの摩擦によりお肌が傷ついたり摩擦に耐えようと分厚くなることから、発生しやすくなるようです。
既にイボができている場所はもちろん、出来やすいとされている顔や首周りなどは、摩擦が発生しないように注意したいですネ。

 

また遺伝的な要素からできてしまう方は、20代のころからできてしまうようです。
顔などに出来てしまった時は、手で触ったり自分で無理やりケアせず、必ず病院に行って治療をうけましょう。

 

老人性疣贅,原因,薬,治療

 

20代からできるということは、できやすい体質かもしれません。
ここにも書いてありますが、いぼを予防する方法をしっかりこなし、出来にくい体質を目指しましょう。

 

老人性疣贅の治療

老人性疣贅の治療は、大きく分けて2通りあります。
病院での治療と、自分でできるセルフケアです。

 

1:皮膚科など医療機関で治療を受ける

老人性疣贅,原因,薬,治療

老人性疣贅は良性の腫瘍なので、放置していても問題はありませんが、加齢と共にどんどん増えて行ったり大きくなっていく場合も多いです。
顔や首周りなど、見た目も気になるし、アクセサリや衣服を気持ちよく身に着けるためには、短時間で治療できる病院での治療がオススメです。

 

医療機関を受診すると、いぼの種類や大きさ・根の深さなどにより治療方法を決めていきます。

 

老人性疣贅,原因,薬,治療 液体窒素
老人性疣贅,原因,薬,治療 レーザー治療
老人性疣贅,原因,薬,治療 電気メス
老人性疣贅,原因,薬,治療 手術

 

大きく分けるとこの4通りの治療法です。

 

*液体窒素*
綿棒に液体窒素を含ませ患部にあてる事で、組織を凍結させてかさぶたを作ります。1週間から2週間後に、かさぶたが取れると老人性疣贅もキレイに除去されています。

 

麻酔を使わない事で手軽にできるため一般的に行われる事が多いですが、何回か治療を受けないと根治しないパターンがあります。また炎症の跡が残るケースがあるので、顔の治療にはあまり向いてません。

 

 

*レーザー治療*
炭酸ガスレーザーを患部に照射し、細胞組織を蒸散させ除去します。

 

液体窒素と違う点は、治療できる深さの調節が出来る事。細かい単位で調整できるので、繊細な治療が可能になります。
この治療を受けると根治を目指せるコトや、跡が残りにくいので顔や首まわりなどの目につきやすい場所の治療に向いています。

 

*電気メス*
ホクロの除去などにも利用される治療法です。患部の表皮をすごく浅く削り取って治療するので、跡が残りにくいです。一般的には2週間前後で治ります。

 

 

*手術*
いぼの大きさが一定の大きさを超えると、他の治療法では対応できなくなるので外科手術になります。

 

脂漏性角化症のサイズが大きくて液体窒素やレーザーでは対処が難しい場合や病理検査を行なう際は、メスで患部を浅く切除します。擦り傷と同じような感じで、2週間ほど経てば手術のあとも残らずに治っていきます。

 

さらに広範囲な切除術の場合は、皮膚移植が行われる場合もあります。

 

 

2:薬やサプリメント、専用成分を含んだスキンケア製品でケア

 

老人性疣贅,原因,薬,治療

 

皮膚科での治療以外には、自宅で薬やサプリメント・また専用成分を含んだスキンケア製品を使ってのケアがあります。

 

老人性疣贅の薬とヨクイニン

老人性疣贅を改善するためには【ヨクイニン】を含んだ薬やサプリメントを服用してみるといいでしょう。

 

ヨクイニンはハトムギの皮を除いた種から作られる成分で、イボに効く漢方薬としてい有名です。ヨクイニンには、お肌のターンオーバーを正常に整える作用があり、いぼやアトピー、ニキビなどに悩んでいる方にも人気がある成分です。

 

最近では、ヨクイニンが配合されたスキンケア製品も多くみかけるようになりました。

 

これは、効果をすぐ期待できるモノではありませんが、皮膚科などでの治療は跡が残る場合があったり、高額治療になることもあります。
その観点から考えると、跡が残る心配もないし、普段から使っているスキンケア製品をヨクイニンが含まれている製品に変えることで、余分なお金もかからず効果を求められるかもしれません。

 

ハトムギ茶なども取り入れながら、ヨクイニン配合のお薬やサプリメント、そしてイボケアに特化した専用のスキンケア製品を合わせて使っていぼをケアしちゃいましょう。

 

 

老人性疣贅のかゆみ

 

老人性疣贅,原因,薬,治療

 

通常老人性疣贅にはかゆみがありません。もともと痒みがあり、繰り返しかいているうちにイボが出来てしまった。。。ということはあり得ますが、それ自体にかゆみがあるのはとても珍しい事なのです。

 

ただし、悪性の腫瘍などにはかゆみを伴う場合があるので、注意が必要です。

 

悪性の腫瘍などによるいぼは、いぼが出来るのが早く、体全体の色んな場所に出来、そのいぼがかゆいという条件があります。
他にもあるので、一概にガンだ!とわ言えませんが、この3つの条件が揃うと可能性は高くなってきます。

 

もし、老人性疣贅だと思っていたいぼが痒くなってきたら、なるべく早めに医療機関で診察を受けましょう

 

老人性疣贅の予防

 

老人性疣贅を予防するためには

 

1:紫外線対策をしっかりする
2:摩擦をさけるようにする
3:ターンオーバーのサイクルをUP
4:ヨクイニンが含まれたスキンケア用品で予防

 

この4つをしっかり守りましょう。

 

*紫外線対策*
紫外線を避けるには、UV効果のある日傘や帽子、また上着などもUV効果のある物を利用しましょう。

 

老人性疣贅,原因,薬,治療

 

お肌には日焼け止めを日常的に使う事が大切です。
家にいるから大丈夫!と思っていても、紫外線は窓やカーテンを突き抜けて注ぎ込まれています。
UVカット効果のある化粧品を使い、またこまめに塗り直し、しっかり対策しましょう。

 

老人性疣贅,原因,薬,治療

 

また、紫外線は目からも吸収されていまいます。目から入った紫外線は、身体全体にメラニンを作れ!と指令を出します。
サングラスなんて大げさな・・・と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、こちらもUVカット効果の証明されたサングラスを使い、目から入ってくる紫外線もしっかり撃退しましょう。

 

最近では飲む日焼け止めもたくさん販売されているようです。
身体の中からも日焼け対策できるなんてすばらしいデスネ!

 

*摩擦を避ける*
顔にできるいぼは、気になるのでどうしても触ってしまいがちです。ですがそれが逆効果。摩擦で大きくなってしまったり、増えてしまう可能性があります。
気になるとは思いますが、できるだけ触らないようにしましょう。

 

老人性疣贅,原因,薬,治療

 

また首周りにできたいぼが恥ずかしいから・・・と、ストールで隠されている方も多く見かけますが、これがまた逆効果でストールで摩擦を起こしてしまい、悪化したり増えたりしてしまいます。
いぼがある部分にはアクセサリーも含め、触れないように注意しましょう。

 

 

*ターンオーバーのサイクルをUP*
老化と共に新陳代謝が落ちるのは、ある意味当たり前の事で仕方ない事ではあるのですが、努力次第である程度改善することはできます。

 

・栄養素をしっかり
・適度に運動する
・質の良い睡眠を心がける

 

つまり生活習慣を正して、新陳代謝を上げるということです。

 

老人性疣贅,原因,薬,治療

 

バランスの良い食事を心がける事。難しければサプリメントなども利用しましょう。これだけでもデトックス効果は高まります。
上手くデトックスができると、お肌の老廃物も排出されやすくなるのです。

 

老人性疣贅,原因,薬,治療

 

適度な運動は、身体の血流をよくすることで、新陳代謝が上がります。少しでも筋肉量を上げる事で、平均体温もあがるので、当然基礎代謝も上がります。
いぼは太っていると出来やすいともいうので、どちらの意味からも予防できますネ☆

 

老人性疣贅,原因,薬,治療

 

最期は質の良い睡眠。いわずもがな、きちんとしたサイクルで睡眠をとることにより、ターンオーバーを正常に近づける事ができます。
慢性的な寝不足は、美肌の大敵なのです。
キチンと睡眠をとって、いぼを予防するだけでなく、美肌も手に入れちゃいましょう!

 

 

この3つを心がける事により、新陳代謝があがり、ターンオーバーも正常に近づいていきます。
いぼの予防だけでなく、結果的にはとても健康に過ごせそうでいいですよネ。

 

 

*ヨクイニンが含まれたスキンケア用品*

 

老人性疣贅,原因,薬,治療

 

最近ではいぼ対策で有名な成分【ヨクイニン】が配合されているスキンケア用品もたくさん販売されています。

 

即効性はないけれど、しっかりケアしていく事で予防にもなりますし、今あるいぼがなくなる場合もあります

 

いぼ対策の成分だけではなく、美肌成分が含まれている製品もあるので、しっかりケアして美肌にもなっちゃいましょう!

 

老人性疣贅,原因,薬,治療老人性疣贅,原因,薬,治療首イボにおすすめのクリームランキングは→こちら