アアクロコルドンの原因と薬!皮膚科に行く選択とイボコロリン

アクロコルドンは首にできる小さなイボ。これ、年を取るごとにどんどん出来やすくなってしまうコトをご存じでしょうか?

 

首周りなので見た目にもすごく気になるイボで、服がこすれたりネックレスが引っかかったりするのでとても違和感があると思います。

 

でも、安心してください。アクロコルドンは治療ができるイボです。

 

ここではアクロコルドンの原因や治療・対策方法などを詳しくお伝えしていきます。

 

 

アクロコルドン,原因,薬アクロコルドン,原因,薬首イボにおすすめのクリームランキングは→こちら

 

アクロコルドンの原因

アクロコルドン,原因,薬

*アクロコルドンとは*
アクロコルドンとは、主に首の周りにできる小さなイボで、良性の腫瘍です。
年齢を重ねる毎に出来やすくなるので、老人性イボとも呼ばれています。大きさは2〜3mmの小さなイボで、それより大きくなると別の名前に変わります。首回りに出来る事が多いのですが、脇の下や胸・鼠経部など、柔らかい場所に出来やすいです。

 

色は肌と同じくらいの色から茶褐色くらいまで色々。イボが出来やすい体質というのもありますが、女性や太ってる方は比較的出来やすいと言われています。

 

*原因*
様々な原因がうたわれていますが、実はアクロコルドンの原因はまだはっきりとは解明されていません。
ただし他のイボに多いウィルス性のイボではないとされています。

 

イボが出来やすい体質だったり、若いうちからできる場合もあるので遺伝的な要素が強いとも言われていますし、紫外線の当たる事が多い場所にできやすかったり、皮膚の柔らかい場所にできる事が多いので、紫外線や何らかの刺激が原因の場合もあります。

 

50代になると結構な割合で出来る方も多いのですが、30代くらいからでき始める方はそれから増える可能性が高いので、予防と対策をしっかり行いましょう。20代でできてしまうと出来やすい体質である事に間違いないので、身体の内側からのケアも含めしっかり対策していきましょう。

 

良性の腫瘍なので見た目など気にならなければ放置しても大丈夫ですが、放置するとどんどん増えたり、首回りなので襟やスカーフ、アクセサリーをひっかけたりして傷になってしまう場合もあります。気になる場合は皮膚科を受診したり、塗り薬などを使ってしっかり治療していきましょう。

 

 

アクロコルドンの皮膚科での治療

アクロコルドン,原因,薬

アクロコルドンは良性の腫瘍なので、治療しないで放置していても問題はありません。ただし、刺激や紫外線から炎症を起こしてる場合や、目立つ場所なので見た目が気になり、早い期間で治してしまいたい場合は皮膚科を受診し適切な治療を行いましょう

 

アクロコルドンの皮膚科での主な治療法は、3種類。詳しくお伝えしますネ。

 

*凍結療法*
-200℃の超低温液体窒素を使いイボを凍結させて取り去ります。専用の綿棒やピンセットでいぼ一つ一つを摘むように凍結します。施術跡は治療後1〜2週間でかさぶたになり、自然に消えていきます。大体の場合は保険が適用されます。

 

*レーザー治療*
炭酸ガスレーザーを使い、イボを瞬間的に焼き切ります。施術箇所が多い場合は、日にちを分けて治療していきます。
早くて跡もキレイになりますが、保険適用されない事が多い治療法です。

 

*手術*
局所麻酔をかけ、医療用のはさみや高周波の電気メスなどでいぼを切除していきます。治療跡が傷になるので、術後は軟膏を使って治療を続けます。こちらも保険適用になる場合が多いです。

 

 

どの治療法がご自身の症状に合ってるか、また保険が適用されるかされないかも聞いてみないとわかりません。信頼できる医療機関で診察を受け、ご自身で納得できる治療法を見つけて下さいネ。

 

アクロコルドン,原因,薬アクロコルドン,原因,薬首イボにおすすめのクリームランキングは→こちら

 

アクロコルドンには使われる薬

アクロコルドン,原因,薬

首や顔にも効果があり、安全に使用できる塗り薬や化粧品に共通して配合されているのが【ヨクイニンエキス】か【杏仁オイル】です。

 

*ヨクイニンとは?*

アクロコルドン,原因,薬

ヨクイニン(ハトムギ)

ハトムギの皮を除いた種から作られる成分です。ハトムギにはビタミンB群がたくさん含まれるため、お肌をきれいにする効果があります。特にヨクイニンには、お肌の新陳代謝を高めてターンオーバーを正常にする効果があり、アクロコルドンにも効果が高い成分です。

 

*杏仁オイルとは?*

アクロコルドン,原因,薬

杏仁オイルには【パルミトレイン酸】がたっぷり含まれています。パルミトレイン酸は赤ちゃんの肌には多く含まれいますが、加齢とともに減少していく脂肪酸です。お肌のハリや乾燥に影響する成分で、アンチエイジングには必須成分として注目されています。
お肌のバリア機能を高めてくれるため、こちらもターンオーバーのサイクルが早くなり、いぼにも美肌にも効果を発揮してくれる素晴らしい成分です。

 

 

 

結局イボを消すためには、自己再生力&基礎代謝機能を上げ体質改善していくのが、結果的に一番の近道です。

 

【ヨクイニン】が含まれている塗り薬や内服薬、または化粧だと【ヨクイニンエキス】や【杏仁オイル】が含まれている商品で毎日ケアし、気長にでもしっかりと治療してましょう。

 

 

ただし顔や首に使ってはいけないものもあります。それは【イボコロリ】です。

 

アクロコルドンにはイボコロリはおすすめしない

市販薬でイボを治したいな・・・と思った時に思い出すのが「イボコロリ」ではないでしょうか?

 

その名の通りいぼを治す為のお薬なのですが、どこの部分のいぼにも効果があるというワケではありません。
「イボコロリ」は一般的に足のいぼに対して使うお薬なので、首や顔などのイボには使えないのです。

 

アクロコルドン,原因,薬

 

これは配合されている薬の成分に理由があります。首イボを取り除くのに有効的なのはハトムギに含まれている「ヨクイニン」や、杏仁オイル等に含まれている「パルミトレイン酸」という成分です。

 

それに対し足のイボの薬には、サリチル酸を使用します。この成分、使用時に注意が必要な程比較的強力な成分なのです。

 

分厚く丈夫なかかとやつま先の皮膚に比べると、顔や首まわり・胸元の皮膚はとても薄くデリケート。そんな部分に足用の強力な酸を使うと、逆に大きな傷を作る危険すらあります。

 

アクロコルドンの治療には、絶対にイボコロリを使わない様にしてください。

 

アクロコルドンには薬もいいけどイボ用クリームもおすすめ

 

アクロコルドン,原因,薬

前述してきましたがアクロコルドンを改善するには薬を使うのも有効ですが、イボ用のクリームを使うのもとても効果的です。

 

薬はクリームを使うよりは確かに早いかもしれません。
でも、もしかしたら副作用があるかも・・・

 

アクロコルドン,原因,薬

 

身体に合うかどうかわからない薬を使うより、いぼ用に開発されたクリームを使う方が安全でもしかしたら、さらにキレイになれるかもしれません。

 

それは、イボを改善する成分(ヨクイニンなど)が配合されているのは当たり前ですが、毎日使うモノなのでお肌に良いスキンケア成分がたくさん含まれているクリームがたくさんあからなのです。

 

元々首には年齢が出やすいとされていて、きちんとケアしてないとどんどんシワや横に入る大きな段差などが出てきて、老ける大きな要素になってしまいます。

 

薬にも含まれるいぼ用の成分、ヨクイニンや杏エキスなどでアクロコルドンの対策をしながら、美肌に導くことで有名なプラセンタやビタミンC誘導体・ヒアルロン酸などが含まれたいぼ用のクリームで首からアンチエイジング対策もしちゃいましょう☆

 

アクロコルドン,原因,薬アクロコルドン,原因,薬首イボにおすすめのクリームランキングは→こちら