首イボをハサミで切り取るのは危険だからちょっと待って

首イボ,ハサミ,危険

首イボがぽつぽつ出来ていると気になるし、アクセサリーが引っかかったりすると痛いし・・・

 

いぼの形が細長いタイプや、ぶら下がってて、根元の部分が細いタイプだと「自分でハサミで切れるのでは?」と思ってしまう方もいらっしゃると思います。

 

でもそれはかなり危険な行為です!
絶対にやってはいけません。

 

確かに皮膚科などの医療機関では、ハサミを使って切除する治療方法もありますが、それは専門の知識を持ったお医者さんが診断に基づき、しかも清潔な器具を使って適切な処置をしているから大丈夫なのです。

 

自己判断で切ってしまうと、後々大変なことになる場合もあるので絶対にやめましょう。

 

※1首イボを手でちぎるのは危険のページはこちら
※2首イボは糸で引っ張るのページはこちら

 

首イボができたら自分で切除しない

首イボ,ハサミ,危険

ではなぜ自分で切るのがダメなのかお伝えします。

 

その1:医療機関でもハサミで切る基準がある
その2:衛生的にどうなの?
その3:そもそもそれは本当にイボなの?

 

*医療機関でもハサミで切る基準がある*
ついついハサミで切りたくなるイボですが、実は医療機関でもハサミで切っていい大きさの基準があるのをご存じでしょうか?

 

首イボ,ハサミ,危険

自分で切りたくなるイボは、形としてはこのタイプが多いと思うのですが、そもそも医療機関ででもハサミで切除出来るイボのサイズは5ミリ以下と決められています。

 

その道のプロででも、いぼの種類や大きさによって、治療方針を変えていくのです。
素人判断で「切りやすそう」という理由で切っては危険なのです。

 

医療機関では、ハサミで切る以外にも
 *液体窒素治療
 *レーザー治療
など、より安全で跡に残りにくい治療法もあり、ご自身のイボのタイプに合わせた治療法を選ぶこともできます。

 

自分で切ってしまおうかと悩む前に、一度専門機関を受診するのが解決への一番の近道です。

 

また期間はすこし長めになるけれど、物理的にハサミで切ってしまわないで、内服薬やサプリメント、専用のスキンケア製品もたくさん販売されています。

 

自分で切除する > 病院での治療 > 内服薬やスキンケア

 

感染症のリスクや副作用、跡に残る心配などなど、安全度で言えばこんな感じ。

 

選択肢の中に【自分で切除する】は絶対にありえませんが、残りの二つの中でご自身の緊急度や治療方針などを考慮して、安全な治療方法をチョイスするようにしてくださいネ。

 

*衛生的にどうなの?*

首イボ,ハサミ,危険

普段、当たり前に利用されているものが、どれだけ衛生的に不潔かご存知ですか?

 

スマホや携帯電話、またパソコンのキーボードの菌の割合って、お手洗いなんか比べ物にならないくらい汚い場合が多いそう。。。

 

ご自宅でイボを切ろうとするなら、ハサミや爪切りを使うことになると思うのですが、それらも同じです。

 

その菌が、カットした場所から入り込んで、患部をさらに悪化させて跡が残ったり、色素沈着が起こったり
またウイルス性のいぼの場合は、そこから周りにどんどん菌がまき散らされ、結果的にイボが増えることにもつながりかねません。

 

※首イボに一番のおすすめは艶つや習慣というクリームです
首イボクリーム
こちらで詳しく説明しています

 

*そもそもそれは本当にイボなの?*

首イボ,ハサミ,危険

一般的なイボは良性の腫瘍なのですが、中には悪性の腫瘍がいぼのふりをしている場合もあります。

 

それを表面上「いぼ」と決めつけてカットしてしまうと、そこから黴菌が入ってさらに悪化したり
流血が止まらなくなるケースも報告されています。

 

一概にそうだとは言い切れませんが、悪性の腫瘍の場合、形がいびつであったり大きさが5mmを超えるものが多いそうです。
気になる方は、すぐに医療機関を受診しましょう。

 

首イボをハサミで切るなら病院でしましょう

首イボ,ハサミ,危険

そんな事態に陥らないようにするためにも、首イボをカットするのであれば必ず医療機関を受診しましょう。

 

適切な処置をしてくれる医療機関だと

 

首イボ,ハサミ,危険 いぼのタイプや大きさ
首イボ,ハサミ,危険 できている場所
首イボ,ハサミ,危険 麻酔を使うかどうか(治療時の痛み軽減のため)
首イボ,ハサミ,危険 跡に残りやすいか残りにくいか
首イボ,ハサミ,危険 保険の適用があるかないか

 

などを相談しながら治療方法を決めることができます。

 

また、内服薬を併用した治療法にも取り組める可能性もあります。

 

自分で切ってしまおうか・・・と決断する前に、必ず医療機関の診断を受けてみてくださいネ。

 

首イボ,ハサミ,危険首イボ,ハサミ,危険首イボにおすすめのクリームランキングは→こちら