首イボを手でちぎるのはダメ!危険が多いのでやめましょう

首イボって、形によっては引っ張ったら取れるのでは?っと思うものがあります。

 

首イボ,手でちぎる,危険

 

もしプチっプチっと取ってしまえるなら、どれだけ気持ちいいんでしょう?
でもそれ、やっても大丈夫なのかすごく気になるところだと思います。

 

ここでは首イボをちぎっても大丈夫なのか、お伝えします。

 

首イボはついつい手でちぎりたくなってしまう

 

首イボ,手でちぎる,危険

 

首イボって、できる場所的にも形的にも、手で触りたくなってしまい

 

首イボ,手でちぎる,危険 突起してるタイプのものだと、つまんでそのまま強引に引っ張ってしまえば取れるんじゃないの?
首イボ,手でちぎる,危険 たくさんある場合だと、それで取ってしまえるなら、病院で治療を受けた時の治療費考えるとすごく手軽に首イボを除去できてしまうのでは?

 

などなど、ちょっと荒療治的な事を思ってしまう方もいらっしゃると思います。

 

ただし、それは絶対にやめてください

 

首イボは手でちぎるのは危険が多い

 

首イボを手でちぎると、どんな危険があるのでしょうか?

 

首イボは、ご存知の通り皮膚とつながっています。
無理やりちぎると、まず流血の惨事です。

 

イボだけを引きちぎれるワケでもなく、首の皮膚までちぎってしまう可能性も高いです。
そうなると、その傷が跡に残る場合もありますし、色素沈着などにより、首イボがあったときより酷い状態になってしまう場合もあります

 

傷跡から雑菌が混入するケースもあります。

 

化膿したり、傷跡が広がったり・・・

 

首イボ,手でちぎる,危険

 

そしてその首イボがウィルス性のイボだった場合の悲劇。
血液や体液により、別の場所にイボがどんどん広がってしまいます。

 

首イボを除去しようとしてちぎったのに、さらに広がってしまうなんて最悪ですよね。

 

首イボ,手でちぎる,危険

 

でも首イボは、ちぎったりしなくても、自分で自宅で安心安全に除去することができる方法はあります

 

それは首イボ専用に開発されたクリームを使ってのケア方法です。

 

 

首イボは手でちぎるよりクリームで取ることをおすすめ

 

一般的に首イボの殆どが、老人性のイボと呼ばれる良性の腫瘍です。

 

老人性のイボは、老化によりターンオーバーがのサイクルが遅くなり、古い角質や老廃物がうまく輩出されずそれが固まったものがいぼになると考えられています。

 

首イボ,手でちぎる,危険

 

それから、紫外線を浴びる事によるダメージ・服やアクセサリーなどの摩擦による刺激も首イボの原因の一つと考えられています。

 

首イボが恥ずかしいから・・・といって、ストールなどを首に巻く方もいらっしゃると思うのですが、あれは効果としては逆効果。
もっと増やしてしまう可能性すらあるので気を付けて下さいネ。

 

首イボ,手でちぎる,危険

 

その首イボ、皮膚科などの医療機関に通い、手術で除去する方法などもありますが、結局は自宅でのケアが必要になります。

 

手でちぎったり医療機関に行く前に、まずは首イボ用のクリームで、自分で改善してみませんか?

 

首イボの専用クリームは、イボを除去する事を目的に専用に開発されたクリームで、お肌の細胞を活性化させる事が目的です。

 

首イボ,手でちぎる,危険

 

加齢と共にお肌は乾燥しやすくなり、新陳代謝が悪くなっていきます。

 

首イボケア専用のクリームは、イボに効く有効成分(ヨクイニン等)や保湿効果の高い成分によって、お肌に溜まる古い角質をはがれやすくする効果があります。

 

首イボ,手でちぎる,危険

 

さらにクリームには美容成分が配合されているタイプもあるので、普段の首ケアにも使えますし
マッサージなどを加えると、お肌の血流がよくなり美肌になるというメリットもあります

 

 

首イボをちぎる方法は簡単でてっとり早いけれど、その目的を考えるとむしろ逆効果。

 

他に何もケアしてないワケなので、お肌は衰えたまま。
ということは再発する可能性も高いし、取り切れなかった場合、まだ小さかったイボがもっと大きくなることさえもあります。

 

 

首イボ用のクリームは、突起タイプのイボだけでなく、まだ目には見えないくらいの小さなイボでも綺麗になるので、イボが大きくなる前から予防もできます。
お肌を触ってみてざらつきが気になったら、お手入れ開始のサイン。

 

毎日のスキンケアに首イボ対策のクリームのケアを加えていきましょう。