糸で首のイボを取る原始的な除去方法

 

首イボ,糸,除去方法

 

首イボ、飛び出た形であったり、ポツポツなってるタイプだと、糸で除去してしまおう・・と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

ここでは糸での首イボの取り方や、そもそもそれは大丈夫なのかについてお伝えします。

 

※首イボをハサミで切除するはこちら

 

糸で首のイボは取れる

結論から言うと、糸で首イボを取ることは可能です。

 

ここでは糸を使って首イボを取る方法をお伝えします。

 

用意するのは、できるだけ細い【絹】又は【木綿】の糸。

この糸でイボの根元をできるだけキツク縛ります。

 

きつく縛ることで、縛ったイボに血液や栄養が届かなくなり、数時間程度でイボがうっ血します。

 

うっ血したイボはそのまま放置しておくと、壊死し最後には自然に取れます。

 

首イボ,糸,除去方法

取れしまうまでに、イボから血液や体液が出たり、乾いて固くなったり、褐色〜黒色に変わっていきますが、糸を切ってはいけません。
気持ち悪くてもそのまま頑張ってキープしましょう。

 

うまくいけば、早い方で1日、長くて10日前後でイボが取れます。

 

取れた後は化膿を防ぐために、傷口は消毒を丁寧に行いましょう

 

 

首イボは糸で取るよりクリームを使いましょう

 

首イボ,糸,除去方法

 

糸を使ったイボの取り方を試す前に、まずはイボケア専用のクリームを使ってみましょう

 

病院へ行って治療するのはお金も心配だし、通うのは面倒くさい。
できるなら自分で取ってしまいたい・・・

 

と思われているので、糸での除去を考えてるんだと思うのですが

 

ハッキリ言って糸での除去はオススメできません

 

知ってますか?

 

首イボ,糸,除去方法

 

糸でイボを取ろうとすると、まず縛った部分から出血します。
場合によっては、その傷からバイ菌が侵入し、化膿する危険もあります。

 

イボだと思って縛った部分が、実は普通の皮膚だった時傷跡が残ることもあるんです。

 

その他には
・イボがきちんと取りきれ無かった場合、中途半端に残ってしまう事
・イボが取れても、傷跡が残ったり色素沈着により、イボより目立つ

 

などなど。

 

 

そして、イボが自然に取れるまでの期間、首イボを糸で縛った状態まま毎日過ごさなければいけません。。

 

首に糸を巻いたままの、時には血が出ているイボ・・・
ちょっとしたホラーですよね。

 

首イボ,糸,除去方法

 

皮膚科でも糸を使った施術を行う場合はありますが、それは医療用に作られた糸を使い
衛生的にもきちんと消毒されている糸が使われています。

 

何より何かあったときにも、それ以上悪くならないように対処してもらえます。

 

 

病院行くのもイヤ、危ない糸を使って除去するくらいなら
同じく自宅でできる方法として、イボ専用のクリームを使ってみてはいかがでしょう

 

イボ専用のクリームであれば、イボケアだけでなく
美容成分も含まれているため、首のお手入れも一緒にできて一石二鳥。

 

確かに糸で除去するよりは、少し時間はかかるでしょう。
でも、断然クリームでイボケアする方が安全です。

 

年齢は首に出るとも言われているので、この機会にクリームで首イボケアを始めてみてはいかがでしょう?

 

※首イボにおすすめのクリームのランキングはこちら