イボコロリは首イボへの効果!その使用した痛み

イボコロリは首イボに効くのでしょうか?

 

イボコロリといえば、世間の一般的に知れ渡っているイボの塗り薬です。
子供のころ、イボができたとなるとイボコロリを塗っておきなさいという家庭が多かったのではないでしょうか。

 

そんなイボコロリは首イボにはどうなんでしょうか?
イボコロリは痛みを伴うという話もよく聞きますが、首などは痛みを感じやすい部分なので痛みが強いようでしたら使用は考えてしまいます。

首イボにイボコロリは効くがおすすめはしない

イボを治す薬と聞くと、「イボコロリ」を思い浮かべる方もいらっしゃるかと思います。
では、首イボに対してもイボコロリは効くのでしょうか。
そこで今回は、イボコロリは首イボにも効くのかについて調べてみました。

 

【イボコロリとは?】
イボコロリとは、イボやタコ、魚の目を取り除くことができる医薬品です。
液体タイプの他に、絆創膏タイプと内服錠もあります。

 

[液体タイプ・絆創膏タイプ]
角質軟化溶解作用を持つ「サリチル酸」が配合されています。
厚くて硬くなった皮膚を柔らかくして、イボなどを取り除いてくれます。

 

[内服錠]
生薬の「ヨクイニン」から抽出したエキスが配合されています。
イボや皮膚の荒れに効果があります。

 

【首イボにイボコロリは効くの?】
では、イボコロリは首イボにも効くのでしょうか。
結論から言うと、3つのタイプのイボコロリも首イボに効きますが、首イボに使用できるのは、「内服錠」だけです。
先ほどもご説明しましたが、液体タイプ・絆創膏タイプのイボコロリには、「サリチル酸」が配合されています。
このサリチル酸は、とても強力な作用があるので、皮膚の柔らかい首などに使用すると、痕が残ってしまう可能性があります。
イボコロリの公式ホームページを見てみると、液体タイプ・絆創タイプの説明では以下のような記述もあります。

 

次の部位には使用しないでください。
@顔面、目の周囲や唇、粘膜など。
A首などの皮膚のやわらかい部分。
B炎症又は傷のある患部。
http://www.ibokorori.com/product/product_01.html#product_01
http://www.ibokorori.com/product/product_02.html#product_03 より

 

「首などに使用しないでください」となっているので、首イボに効くとしても液体タイプ・絆創膏タイプのイボコロリは使わないようにしてください。

 

一方で、内服錠のイボコロリは、首や顔などといった柔らかい皮膚にできたイボに使用することができます。
生薬の「ヨクイニン」のエキスが体に優しく作用するので、安心して首イボ対策に使うことができます。

 

イボコロリ,首イボ,イボ首イボには首イボクリームがおすすめです!
>>首イボクリームのランキングこちら

 

イボコロリの痛み

イボを治すために、「イボコロリ」をお使いになる方もいらっしゃると思います。
イボコロリには、液体タイプ・絆創膏タイプ・内服錠の3種類がありますが、液体や絆創膏を使用すると、痛みが出る場合があります。

 

そこで今回は、イボコロリを使った際に痛みが出てしまう原因についてご紹介したいと思います。

 

【イボコロリを使ったときの痛みの原因とは?】
イボコロリを使ったときの痛みの原因は、4つ考えられます。

 

@皮膚に有効成分が浸透している場合
イボコロリには、硬くなった角質を柔らかくする作用を持っている「サリチル酸」が配合されています。
この「サリチル酸」が皮膚に浸透しているときに、痛みを感じることがあるようです。

 

A皮膚に異常がない箇所に使った場合
「サリチル酸」は、強い作用を持っている成分です。
皮膚に異常がない箇所に使ってしまうと、「サリチル酸」の作用によって強い痛みが生じる可能性があります。
このような場合には、すぐに水で洗い流しましょう。

 

Bイボコロリでは治せないイボに使った場合
イボコロリは、全てのイボを治せるわけではなく、首などにできる「老人性イボ」には効果がありません。
効果がない「老人性イボ」に使うと、痛みが出てしまうことがあるので、注意が必要となります。

 

C使ってはいけない箇所に使った場合
イボコロリは、皮膚が薄い首や顔には使ってはいけません。
そのような箇所に使った場合には、痛みが伴う可能性があります。

 

【まとめ】
ここまで、イボコロリを使った際の痛みの原因について見てきました。
有効成分が浸透している過程でも生じることがありますが、使ってはいけない箇所に使った場合や治せないイボに使った場合にも痛みが出る場合があります。
イボコロリを使う際には、取り扱い説明書をきちんと読み、正しい使い方をしましょう。

 

イボコロリ,首イボ,イボ首いぼには首イボクリームがおすすめです!
>>首イボクリームのランキングこちら