扁平疣贅はヨクイニンとレーザーで治療!顔や首にできるイボ

扁平疣贅,治療,ヨクイニン,レーザー

扁平疣贅はウィルス性のいぼです。ヒトパピローマウィルスに感染してでき、自分の中でもどんどん広がっていきます。。
若い人(20代)に発症する場合が多いのですが、それより上の年代になるとあまり発症することはありません

 

扁平疣贅は顔や首にできるイボの一種

扁平疣贅は顔や首に出来ることが多く、円〜楕円の形をしていて、大きさは2〜3oから1pくらい。
色は肌と同じ色〜茶色をしていて、少しだけ盛り上がっていますが基本的には平たいイボになります。

 

顔や首周りに出来る事が多く、手の甲などに出来る事もあります。

 

一見シミと間違う事も多く、放置してしまいがちに。
気がついたら増えていたということもよくあるようです。

 

免疫力が下がっている時に感染してしまい、そのままにしておくと同じようないぼがたくさんでき、炎症を起こすとかゆみが出る事があります。

扁平疣贅,治療,ヨクイニン,レーザー

 

元々お肌の弱い方やアトピー等の湿疹がある方などは、免疫力が既に下がっている状況なので
ウィルスを撃退することが難しく、扁平疣贅に感染・増加しやすい傾向にあります。

 

お仕事で手に傷を作りやすい方は、そこから人ヒトパピローマウィルスに感染し扁平疣贅を作ってしまいがちです。
イボが少なく小さい間は気が付きにくいので、逆にここから顔や首周り等の全身に広がっていく事も。。。

 

扁平疣贅は良性の腫瘍なので、放置して治療しなくても問題はありませんが
ウィルス性のいぼなので、感染を広めてイボを増加させてしまうことがあるので注意しましょう。

 

自然に治る事もごく稀にありますが、増えていってしまうパターンが多いので、これそうかな?っと思う症状を見つけたら、すぐに対処しましょう。

 

扁平疣贅,治療,ヨクイニン,レーザー扁平疣贅,治療,ヨクイニン,レーザー首イボにおすすめのクリームランキングは→こちら

 

扁平疣贅はヨクイニンとレーザーで治療

では扁平疣贅は何で治療するのが効果的なのでしょうか?
効果のキーワードは【ヨクイニン】と【レーザー】です。

 

一つは皮膚科で受けられるレーザーを使って、イボの部分を丸ごと取り去ってしまう方法が一般的です。

 

扁平疣贅,治療,ヨクイニン,レーザー

イボの状態にマッチしたレーザーの種類をチョイスし、なるべくお肌に負担がかからないように治療していきます。

 

レーザーは一番痛みが少なく出血も少なく、傷跡も残りにくいといわれる治療法のひとつです。
そして根元から取ることができれば再発することも少なく、治療期間も3ヵ月〜半年程度で治せるようです。

 

ただし炭酸ガスレーザーは、扁平疣贅の組織を破壊的しながら蒸散させるのですが。
その時、ヒトピロマーウィルスを拡散させてしまい、逆に幹部周辺にウィルスを移してしまうことがあります。

 

必ずしも増やしてしまう原因になるというワケではありませんが、その可能性もあるのでそれを知った上で治療を受ける医療機関と相談しながら治療をすすめましょう

 

 

そしてもう一つの【ヨクイニン】です。

 

扁平疣贅,治療,ヨクイニン,レーザー

 

ヨクイニンはハトムギから抽出される成分で、漢方やお薬、サプリメント、スキンケア製品に含まれているイボケアに特化した成分です。

 

「漢方を処方されて1か月ほど飲んだけど、全然効く気配が感じられない」という口コミを見かける事もあると思いますが
ヨクイニンを使っての治療には時間がかかります。

 

ヨクイニンを含んだお薬やサプリメントを服用しながら、スキンケア製品でケアしていく。
予防の意味も込めて、ゆっくり時間をかけて治療していきましょう。

 

 

青年性扁平疣贅とは

青年性扁平疣贅とは、20〜30歳代くらいの方にできることが多いウイルス性の「イボ」のことです。

 

扁平疣贅,治療,ヨクイニン,レーザー

 

扁平疣贅は、主に顔や首の周り、腕や手の甲などに出来る事が多いイボですが、青年性扁平疣贅は顔に現れることが多く、気になるのでどうしても手で触ってしまいがちです。
それがウィルスを拡散させてしまい、イボが増えてしまったり周囲の人へ二次感染することも多々あるようです。
症状が酷くなる事や二次感染を防ぐためにも、皮膚科を受診して治療した方が安全です。

 

 

青年性扁平疣贅の予防方法

他の病気のHPVに対しての予防ワクチンは開発されている物もあるのですが、青年性扁平疣贅のためのワクチンはありません。

 

扁平疣贅,治療,ヨクイニン,レーザー

青年性扁平疣贅を予防する為には、発症している方とタオルなどを共用をしないようにしましょう。

 

扁平疣贅,治療,ヨクイニン,レーザー

 

また、生活習慣を正しバランスの良い食生活を心がけ、皮膚や粘膜の免疫力を高め、ウィルスと接触しても発症しないように対策しておくのがオススメです。

 

扁平疣贅,治療,ヨクイニン,レーザー扁平疣贅,治療,ヨクイニン,レーザー首イボにおすすめのクリームランキングは→こちら