10代で首イボができたら!対処法・痕を残さず取る

首イボって年配の方々にできるモノ!って思われてたりしませんか?
実は10代の方でも首イボができてしまう事があるのです。

 

10代,首イボ,対処法,痕を残さない

 

ここでは10代で出来てしまう首イボの原因や対処法、痕を残さないように取り去る方法をお伝えします。

 

※私は首イボにクリームを塗っています。肌もきれいになります。
クリアポロン
おすすめはクリアポロン!詳しくはこちらで説明しています

 

10代で首イボができる原因

10代なのに首イボができてしまう原因は、主に3種類の原因があります。

 

その1:ウィルス性による首イボ
その2:遺伝による首イボ
その3:日焼けなどによりお肌が劣化することによってできる首イボ

 

その1:ウィルス性による首イボについて

 

ウィルスによる首イボは、尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)と呼ばれ【ヒトパローマウィルス】というウィルスに感染することでできる首イボです。
扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)とも言います。

 

10代,首イボ,対処法,痕を残さない

 

10代でできる代表的な首イボの一つで、小さな傷口などからウィルス感染して出来ることが多いようです。

 

傷口からの感染でなかったとしても、ウイルスに触れることで感染してしまう可能性もあります

 

もしこのウイルス性の首イボができてしまった時は、軽率に自分でハサミなどでカットしてしまうと、そこからどんどん広がっていったり、首イボの跡が残ったり色素沈着などで取り返しのつかないことになってしまう場合もあります。
早めに医療機関を受診し、お医者さんに診てもらいましょう。

 

その2:遺伝による首イボについて

 

スキンタッグと呼ばれる首イボは、【遺伝】によって10代でもできてしまう場合があります。

 

10代,首イボ,対処法,痕を残さない

 

両親のどちらかが、イボが出来やすい体質の場合は、小さな子供でも首イボが出来やすい体質いなってしまう事があるのです。

 

特徴は、表面がザラザラしていて、色が濃い目です。

 

 

その3:日焼けなどによる首イボについて

 

年齢を重ねたお肌だけでなく、10代でも紫外線やお肌の摩擦により出来てしまう首イボもあります。

 

10代,首イボ,対処法,痕を残さない

 

紫外線を浴びたり、服やアクセサリーによってお肌に摩擦によるダメージを受けると、ターンオーバーのサイクルがが乱れ、古い角質を排出することができずメラニンが蓄積され、その部分が首イボになることがあるのです。

 

ムリに取ったりせずに、適切な対応でキレイに治すようにしましょう。

 

10代で首イボには早めの首イボクリームで痕を残さずに取りたい

 

ではその首イボを、痕を残さないように取りたい時、どんなケアをしたら効果的なのでしょうか?
それは、首イボ専用に開発されたクリームを使うことが一番の近道なのです。

 

10代,首イボ,対処法,痕を残さない

 

首イボを改善、そして予防する為には、紫外線に当たることをなるべく防ぎ、お肌への摩擦をなるべく少なくすることが大切です。

 

ネックレスなどのアクセサリーはなるべく避け、日焼け止めなどを利用し紫外線を避けるようにしましょう。

 

予防策をきちんとやったうえで、痕を残さずなるべく早くキレイに治したければ、首イボ専用のクリームを塗るようにするのが一番の近道になると思います。

 

美容成分も併せて配合されている事が多いので、首イボを綺麗に治してくれる可能性が高いのです。

 

 

そして日常生活では

 

10代,首イボ,対処法,痕を残さない

 

10代,首イボ,対処法,痕を残さない バランスの取れた食生活
10代,首イボ,対処法,痕を残さない 質のよい睡眠
10代,首イボ,対処法,痕を残さない 適度な運動

 

に気を付けましょう。

 

このどれが欠けても、ターンオーバーの乱れを生みます。
そうなると、お肌の老廃物の排出がどんどん遅れることで、お肌に角質などが蓄積され、それが首イボに変わっていくことがあるのです。

 

首イボ専用のクリームと、生活習慣を正し、首イボ痕を残さないように治し、再発を防ぐように気を付けましょう。

 

※首イボにおすすめのクリームのランキングはこちら